ピルを使うタイミング

笑顔の女性

現在日本で使われているアフターピルは2種類あります。1つがヤッペ法と呼ばれるもので、プラノバール錠を利用した緊急避妊薬です。中容量ピルを転用したもので、女性ホルモンの量が多くなるので副作用も発生することがあります。また、もう一つの方法がノルレボ錠を使う方法です。プラノバール錠を利用するよりも、副作用が少ないことが特徴で、現在主流となりつつあるやり方です。性交後72時間位内に1回服用するとで81%避妊する効果があります。しかし、服用するタイミングが遅くなった場合は効果が半減するということもあります。妊娠が回避できたかどうかは生理で判別することができます。早い人では数日後に出血があり、通常だと3週間以内、もしくは次回の月経予定日とほぼ同じタイミングで出血があります。出血があれば避妊成功です。

東京でアフターピルを処方してくれる病院を探す際は、診療時間や診療している曜日を見て病院を選ぶこともできます。中には年中無休で土日や祝日にも診察を行っている病院もあります。東京のクリニックは立地的にも通いやすい所にあることが多く、アクセスしやすいということが特徴です。また、東京のクリニックの中には、スタッフや医師が全て女性のところや、プライバシーにとても配慮を行なっているクリニックも多いです。インターネットの口コミ等を読んで事前に病院の評判やどのようなクリニックなのか調べていくことが大切です。